志望校を決める時期

中学受験をすると決めてから小学4年生の頃から塾通いをするようになり、定期的に模試を受けて志望校など色々と家族で話し合って学校見学へ行ったり、色んなことを考慮して過ごしていました。6年生の夏頃に模試の結果と今まで学校見学などで気に入った学校を絞り込み、志望校を決めることにしました。秋以降の模試も総範囲内での模試になるため、かなりしっかりとしたデーターがでますし、家族で話し合って志望校と合格ラインや判定模試の結果などと照らし合わせて最終的に秋頃に志望校を決めました。
中学受験は本命校を受ける前に1月校で前受けするかどうか、家族や塾の先生と話し合って決めることにしたので、子供の意見も聞きながら真剣に考えました。中学受験する学校は人気校なので倍率も高いため、安全校など色々と検討しなければなりませんし、その辺もしっかりと考慮して計画的にスケジュールを立てて中学受験することにしました。子供も納得できたので、スムーズな流れで中学受験当日を迎えることができ、志望校対策も塾で講座が開かれていたので、参加するなど積極的に活動したことでかなり子供自身も中学受験を通して成長することができ、貴重な経験を親子ですることができました。